いいこと思いついた!

お前俺n

   _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´*)

いいこと思いつきました。ノラの対飛行で。
でも本大会前だしあんまり言わないほうがいい!ので言いませんが・・・もどかしい。タイトルにまでしといて申し訳ない。完全に冒頭のがやりたかっただけです。本当にありがとうございました。

ノラがほぼ固まったので、最近は混成について考えております。一機をノラの弱点を補完できる何かにすれば総合的な強化が望めるでしょう。最初はジェイラーを混ぜたらどうかと色々やってました。理論としてはライさんのトリン説と同じで、ビームで被弾→タイフーンという目論見だったのですが、逃げ飛行相手だとビームが当たる範囲に入れてもらえず断念しました。
候補として自分は、バジなんかいいんじゃないかなあ、と思っております。(まだ思ってるだけ)ノラの弱点はズバリ「飛行」「ジャミング(特に飛行)」「地雷」でしょう。
まず「飛行」。まず、なんて言いましたが、最も高い壁であることは間違いないでしょう。ノラでなくとも、作りこまれた飛行に確実に勝つなんてのは非常に難しい。しかしノラは回避能力に優れるので一方的にボコられる事も(あんまり)ありませんし、バジは一枠でムラマサを8発積めて冒頭で述べた思いつきを実行するのに不足はありませんので、これで「飛行」は解決したことにします。
次に「ジャミング」。ノラはミサイルを一機に集めて戦うのが定石です。ジャミングによってロックを分散させられると、修復や妨害を使い切らせることが出来ず、勝つのが非常に難しくなります。これを解決するためジャミング下でも纏まって行動するのが望ましいですが・・・ノラのスプー移動では格闘旋回が入るため一機を先頭に霧下を進むことが出来ません。そこでバジです。急速全身だけで高速移動が出来ますので、これを先頭にしてまとまって索敵することでロックの集中を狙います。
「地雷」。これはもうノラに限らずスプーの天敵です。盾を張りガードで凌ぐ、なんて事は出来ないので、消すしかありません。よってバジにアースクェイクを積みます。
とこんな感じでどうでしょうか。ハード的にはカミ地150mm徹妨冷盾盾、みたいな。まだ完全に妄想でバジのハードすら組んでもいませんが、ブログということでご容赦下さい。

4チップ大会動画、拝見させて頂きました。素晴らしい出来です。ニナガワさんありがとうございます。
トーナメントでは一回戦敗退だったので対戦部分には出演出来ませんでしたが、エンディングでたくさん出番がありました!ジェイラー同士の対決で相手のミサイルを盾で防ぎながら突き進んだり、近距離で刺し合ったりとかっこいいとこを写して頂きまして、本当に感謝です。(最終的には破壊されてますが・・・)

本スレと避難所でやたらノラを嫌ってる人は、何と戦っているんでしょうか・・・誰も「二脚最強とかほざいて」はいないのに。

この記事へのコメント

yoshi@t
2010年03月10日 18:25
こんばんは
ノラですかあ
今は極東等に胸を借りているのですが、中々
現状はミサイルが偶発ヒットするので、ミサイル次第ですが、飛行(イカ)側が有利な状況ではあると思います。困るのはノラがミサイルの完全回避を期待できるようになった場合で、イカ側はミサイルを、①後ろとか等発射条件つけて、②無駄なく一機に集中される、と修復しきることは厳しいんじゃ無いかなあと思っております
とはいえ、完全回避はそう簡単には行かないでしょうし、飛行側にもブレークスルーがあるかもしれませんし。。。大会楽しみですね。
ニムロド
2010年03月11日 18:41
yoshi@tさんこんにちは。コメントありがとうございます
自分も同意見で、体感的にも飛行若干有利という印象を受けております。
基本的には背後の機体をロックして走る事でミサイルは避けられるのですが、方向やタイミングによっては被弾するため安定しませんねぇ。

なんだか今大会はノラに厳しくなりそうですが、楽しめたらいいなと思います。大会では宜しくお願いします。

この記事へのトラックバック