キャンセル格闘について

前記事の6四の兵さんへのコメ返事で書くと言ってたダンマカのキャンセル格闘の理由です。ノラに興味ネーヨって方はすっ飛ばして下さい。

うちのスプーノーランダー、ダンスマカブルシリーズは、9fのキャンセル下段格闘を行います。前スレ(56機目)の最後の方では、その有効性について皆様にちょっぴり話題にして頂いていたようです。
キャンセルを行わない場合、下段格闘一回で下段格闘10f+静止1fの計11fを要します。2fの差があればそれなりに効果がありそうと思うかもしれませんが、実際にはあまり速度上昇による効果はありません。というのも、ノラの格闘で怯んでくれる相手であればキャンセルせずとも破壊まで持っていける場合がほとんど、怯まない相手(盾3とか)はそもそも少なく、怯まないなら当然反撃をしてくるので、そんなに殴る時間が長くなることもないからです。
※効果がまったくない、というわけではありません。

では何故キャンセル格闘を行うかというと、「タイミングを逃さない」ための結果として、です。このタイミングとは、攻撃と回避のタイミングを指します。
例えば0f目(格闘開始前)に相手は被弾中であったので下段格闘を開始したとします。そして3f目で敵が被弾から復帰、射撃を開始したとします。ここで常に敵の行動を監視していると、このまま前方に攻撃判定が発生する5f目まで格闘を続ければ敵が弾を発射する前に格闘を当てられるのに、回避に移ってしまいそのチャンスをみすみす潰す事になってしまいます。(行動を監視しない、という選択肢は怯まない相手に勝てないので除外)
なので、判定発生後の6、9f目に行動を監視し、攻撃続行か回避かの決定をすることでタイミングを逃さないようにしているわけです。
※実際は10f目(次の下段格闘の1f目)に監視すべきですが、その1fで射撃、格闘、特殊動作、有効範囲内にいるかを判断、動作キャンセル、格闘を一気に行うのは無理なので、9f目に監視しています。

キャンセルを行わずとも出来はしますが、せっかくf数を数えているわけだし早いに越したことはないので、キャンセル格闘を行っておる次第というわけです。
ここまでを読み返すと分かりにくさに自分でもびっくりです。何言ってるのかわからんって方は質問お願いします。


ここから今後の予定の話。リベンジ大会ですが、本大会に出したダンスマカブル[貳]の修正版を出す予定です。6四の兵さんから頂いたアドバイスを参考に、スタナー機能を削除することで燃料とCPU容量を確保し、入れられなかった機能の追加とバグの修正を行う予定です。
更にその後は新しく思いついた妄想チームを作製する予定。地震ムラマサバジじゃ火力不足・・・じゃあ地震は一機のノラに持たせて、滞空は他の二機に任せたら?対空が強い・・・トリン?タイフーンノラ+地震ノラ+機雷トリン?しかしタイフーン4発じゃ心許ない、じゃあビームで倒す気で地震ノラ+機雷トリン*2ならどうか、対地が弱いか?いやでもノラで盾3に勝てたんだからトリンも盾2に勝てるはず!パルスもあるし!
ということでトリン作ってます。とりあえず二機で非地雷飛行チームに勝つ練習してるんですが・・・仰角70°+ビームでもなかなかあたらんね・・・

この記事へのコメント

6四の兵
2010年03月30日 17:54
なるほど動作も監視しているんですね。
チャンスだと判断すればとりあえず5fは出しちゃうのは実戦的でいいですね。

丁寧に説明していただいてありがとうございます。
文章読みながらそらで組めそうなくらい分かりやすかったので大丈夫ですお。
ニムロド
2010年03月31日 00:31
6四の兵さんこんばんは。
そうですか、わざわざどうもです。

遅くなりましたが、本大会2位おめでとうございます。前回うっかり言い忘れてしまっておりました。すいません。
相変わらず一歩先を行かれてしまっているので、いつか肩を並べたいものです。

この記事へのトラックバック