中小CPU選手権 参加

追記:

ライさんからもコメントを頂いておりました。ありがとうございます。

ニムロドさん:轢(x3)
-------------------------------------------------------------------------
安心して味方を誤射できる盾3強襲ホイリー。
圧倒的な火力と防御力での短期決戦が本分。
カラーリングやら1文字だけの名前からしてもうすでに強機体です
機敏な捕捉動作や謎のジグザグバック走など足回りが緻密な印象。
対空での定ミサは距離ゆえの不安定さこそあれ妨害を削りつ撃ち落とせてます


思いのほか540mフィールドが広くムラマサが途中で力尽きてしまう事が多かったみたいですね。考えが足りませんでした。
ちなみにカラーリングと名前は、いいデザインはないかなと見ていたらデザイン2がタイヤに轢かれた後みたいに見えたので、アスファルト色で名前が轢なのです。

----------------------------ここまで追記----------------------------


6四の兵さんのブログで、中小CPU選手権が開催されました。ありがとうございます。
優勝も主催の6四の兵さん、さすがですね。

参加チームはこちら

チーム名:轢
機体:ホイリーコーン*3

機体1:轢
武装:イーフリート*12 ムラマサ*12
装甲:150mm耐熱
OP:盾盾盾冷

コメント頂きました。浸透襲撃さんありがとうございます。


08轢 ニムロド ( ホイリーコーン*3) ( 轢*3 )
[特徴]
盾三ホイリー×3。

盾三枚なのは地上戦でのカウンター狙いと見たが、これがうまく機能していた。
①「チップ数を考えると車両で突入角度を調整するのは難しい」
②「正面から突っ込んでくる」
③「突っ込んでくる奴は盾三で防ぎつつロケットでカウンター」

という三段論法がうまく機能しており、正面からの勝負では圧倒的に強い。

陸戦はガチ勝負上等だが、対空ではしっかり集中ロックで一機を36発のムラマサで集中攻撃。
ECMは積んでいないが、盾OPもしっかり使い分けてミサイル防御も行うなど、戦術的にも非常に考えられている。
ただし、飛行機が1チームしか居なかったうえ、相手が悪かったのは多少残念。

[コメント]
これもコメント的にはほぼ何も無し。
明確な戦術思想があって、100チップというリソースも無駄なく使った上でそれでも負けるのは仕方ないこと。
100チップのホイリーとしては文句のつけようはないと思います。



出来ることが少ないなら、単純な作りにすればいいじゃない、ということで、盾3で何の考えも無く突っ込めるようにしました。ホイリー初作製です。
追加装甲については、ミサイルが避けられないので対爆がいいか、ホバーが苦手なので対ビーム、或いは耐熱がいいか、最後まで悩みましたが結局どれにも効果のある耐熱としました。
結果は3位と、中々の高順位になれました。やはり車両は少ないリソースでもある程度なら強くしやすいですね。


トリンの話
相手の後ろに潜り込み、旋回ではなく5fキャンセル上段格闘の自動旋回力で相手の真後ろにつけるその名もツバメ返しで盾2バジにそこそこの勝率が出せるようになってきました。しかしこのルーチン後ろから地機雷を吐かない車両、つまりホイリー、バジ、バッドにしか使えない上に領域をえらい喰うものになってしまいました。
他ルーチンとの場所の兼ね合いが非常に難しいですが、一部をサブに入れるなりしてうまいこと配置することに成功。あとはチップを整理して霧下集合ルーチンを置くスペースを捻出せねば・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック