第二回一人団体戦終了

一晩経ったら終わっていました。迅速な運営ありがとうございます。参加者の皆様もお疲れ様でした。
しかし今回いつもなら参加しているであろう6四の兵さんが居なくて残念。カムバック!

準決勝、決勝ともに大将戦まで縺れ込む熱戦の結果、優勝することが出来ました。利休さんが書き起こしてくれたエセ実況のうち何戦かをピックアップして感想なぞ。

・準決勝第2試合

02 ×○ チーム勇者さなえ八/ラストファランクス
ジェイラーがスプー機動で突進、それをマリアが後進射撃と特殊3で捌く
1戦目と同じ流れになると思いきや、
加速装置が切れて速度の落ちたジェイラーに対してマリアは後進射撃を熱量無視で行ってしまう
マリアは射撃を続け、ジェイラーはビームを盾で受け止め熱量の耐久合戦に突入
耐久度の差でジェイラーが残耐久4%という僅差で勝利


まのさんがブログでトリンに勝てるようになったと仰っていたのと先鋒がさなえだと知った瞬間、「こりゃ3タテだな・・・」と思ったのですが、なんとジェイラーが大金星を挙げてくれました。
さなえがスプーを特殊キャンセルで撒いた後のビームで熱自滅するパターンは散見されるもののそう確立は高くないので、ジェイラーはよく我慢してくれました。よくやった!

05 ○× スプートニク/チーム勇者シャルロ九
高機動対決、開始60秒は共にダメージを与えられない
ようやくトリンがダメージを与えるがモッキンの2連修復装置の回復量には及ばない
ルールに「最終戦で引き分けの時は両オーナー負けとします」って書いてあるじゃないですかぁー!と叫びたくなるが
ノラが避けたミサイルが障害物にヒット、修復装置を持たないノラが破片でダメージを受けてしまう
勝負あったかに見えたが試合終了間際に集中ロックを受けていたモッキンの1機がE切れで墜落してしまう
これが決定打となった


トリン2機では木琴には修復を超えるダメージが与えられないため、木琴を感知すると燃料を切らせるため殆ど移動せず絶えずビームで煽ります。うまくいくと100秒程経過した時点で木琴の燃料が3%になり、停止に追い込めます。このあとビームで削り復帰にエネルギーを使用させ墜落を狙いますが、たまに落ちる木琴をビームで拾って助けてしまったりする事があります。今回は狙い通りに行ったようで良かったです。

・決勝戦

02 ×○ 一式陸攻 雷装型/ラストファランクス
イカが開幕にミサイル全弾放出するもジェイラーはECMで無効化、イカはジェイラーに下を取られてしまう
上手く敵機を攻撃圏内に捕らえられないイカに対しジェイラーは高い仰角で確実に削っていく
このままジェイラーが勝利を手にするかに見えたが試合終了間際に燃料切れをおこしてしまう
一気に形勢が逆転するもイカの前進射撃ではなかなかジェイラーを捕らえることが出来ない
ジェイラーがそのままリードを保ち勝利した


最近はジェイラーを見ると開幕ミサイルを撃ってくる機体が多いです。飛行の開幕ミサイルは地上機に比べ武装狙いがあまり効果を現さないためちょっと左に旋回して伏せれば受け止められたりしますが、地上機に武装1狙いでムラマサ→タイフーンとされるとほぼ確実に怯み→大被弾→破壊と持っていかれてしまいます。持ってて良かったECM。

05 ○× スプートニク/たてまんMk4
高速スプーに対しジェイラーは遠距離格闘からのロケットコンボで二撃必殺を狙う
しかしジェイラーは縦横無尽に動き回るスプーを捉えることが出来ない
修復装置での延命を試みるジェイラーにそれ以上のダメージを叩き込んでいくノラ・トリン
あっという間にジェイラーを解体したノラとトリンが勝利を手にした


この試合を制し、晴れて優勝となったのですが・・・後悔も残りました。何故ジェイラーに大将を勤めさせてやれなかったのか?大会の決勝でジェイラー*3同士の一機(三機?)打ち、というかるぽ史上初であろうアツい試合が出来たかもしれなかったのに!ノラは二回とも良いとこ無しで終わったようですし、スプートニク→ダンマカ→ファランクスで出してやれば良かったかなあ。まあ、それだとまのさんに勝てていたかわからないですし今更ですが。


ともあれ優勝はうれしいです。プロフィールの保有タイトルに早速追加させて頂きました。個々のチームの作成に加え、チームのオーダーを考えるのも楽しいこの大会、他力本願ですがエクサでも開催されたらまた参加させていただきたいと思います。利休さんありがとうございました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック