無題

各ブログのオーナー様方により、詳細な機体データや仕様考察が進められています。このようなデータを無償で公開して下さる皆様には本当に感謝です。そのお陰でより多くのオーナーのレベルが上がり、切磋琢磨出来るってもんです。

さて、こんなブログ界隈の状況の中非常に出しにくいですが、私がエクサで遊んでいて気が付いた特に役に立たない非常に偏った情報を書き留めてみたいと思います。全うなデータは他のオーナー様がたに任せて・・・。もしかしたらチーリン先生が言ってた情報もあるかもしれませんが、その時はごめんなさい。


・CPUの対スタン性能
4x4のCPUは飯塚神のツイート通りスタンに対して無敵になっています。そして領域が増えるにつれスタンに対する抵抗力が低くなっていくわけですが、その抵抗力は領域だけでなく、処理速度にも依存するようです。処理速度の速いCPUほど、スタンに対する抵抗力は低くなります。

・トンファー
アグリオスのトンファーですが、非常に硬い。冥界の鎌に当たっても怯みません。10mm装甲で冥界の上段格闘を食らい44Pダメージを確認しましたが、ひでさんのブログによるとアグリオスの安定度は38。トンファーは別判定なんでしょうか。
ちなみにトンファー部分でのひるみが無いことから、対格闘戦に非常に有利。ジェイラーとの矛盾対決では、硬さはジェイラーが遥かに上回るものの盾の奥のボディにトンファーが盾をスルーしヒットするため普通に負けます。ぐぬぬ。

・開発の目を掻い潜ったモノ
今回廃止された二脚のスプー機動(動作のキャンセルにより通常出ないスピードを出す動作)ですが、開発の無慈悲な破壊を免れたものが居ました。それはノーランのガード2f+後退4f。かるぽと同様の低燃費っぷりを誇り、200kmほどの速度で後退します。しかし実はノラも無傷とはいかなかったようで、スピードは若干落ちています。また何故かある程度の積載率でないとむしろスピードがダウンするようです。使いどころとしては・・・ほぼ無いです。かるぽ時代はガードを挟むので割りとダメージが軽減できていたり、高高度からのビームならかわせていたのですが・・・。霧下でなるべくエネルギーを使わずに動きたい時くらいでしょうか
またこれはスプーか微妙ですが、ジェイラーの遠距離格闘キャンセルも可能です。

・自爆装置
自爆装置で決着が付いた場合、自爆装置を機動させた方が負けになります。双方が自爆装置を起動させた場合には、戦闘終了(暗転)時に双方の体力が0であればドロー、どちらかの体力が残っていればそちらの勝ちとなります。

・攻撃判定のある非攻撃動作
ケイローンの急速前進には槍に当たり判定が存在し、攻撃力は格闘と同じです。

・被弾中乱射
かるぽではホバー、飛行のみが出来た被弾中乱射ですが、今回なんと全機種で出来ます。射撃中に被弾した場合だけでなく、被弾してから射撃を開始することも可能です。そんなに格闘機を苛めて何が楽しいんだうわーん!

・謎のチップ
チーリン先生のレクチャー中に発見。なんじゃこりゃ。
画像


ここからは自分が気づいたわけではありませんが、変な情報ということでまとめ。
・ゲイザーは垂直ジャンプのみ可能で、急速移動など組み合わせれば任意の方向にジャンプさせられる
・キャンセルのタイミングにより自機周辺にグレネードをばら撒くことが出来る?(要検証、未確認)
・ニーズヘッグのガードモーションの頭に攻撃判定がある?(まだ買えてないので未確認)


いかがだったでしょうか。役に立たなかったでしょうそうでしょう。それではまたネタが溜まったころに。

なんか前々回記事のヒット数がおかしいんですが・・・もしかしてあれか?全国のジェイラー使いが「エクサ ジェイラー」とかで検索してたどり着いてるんでしょうか?ジェイラーはその大きな盾や甘いマスクで新人さんの気を引きやすい機体であると思いますので、もしや週末の大会では多くのジェイラーが見られるかもですね。うーん非常に楽しみ。
追記:「エクサ ジェイラー」でググッたら4番目に出てびびった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック