ギリギリ

滑り込みセーフでいきなり省チップ大会にエントリー。恐らくあと数秒レベルでした、危ない危ない。

今回のエントリー機はアヌビアス。以下スペック

チーム名:レンズ
機体名:レンズ
機体;アヌビアス
武装:プラズマビームガン*220 ヴァルキリー*12
装甲:150mm 対徹装甲
OP:冷冷妨

重装甲ビームアヌビです。 ヴァルキリーと周回ビームで蒸し焼きを狙います。今回アヌビさんが中々強そうということですが、カノンじゃ普通でつまらないのでビームにしてみました。しかしこれが中々面白く、ビーム自体が軽いので装甲を厚く出来る、密かにホバー中最高レベルの連射力で焼きやすい、通常の前進でも260km出るのでEN節約もしやすい等々で、割と行けるハード構成なんじゃないかと思ってます。
エリア外判断は入れず、まぁ敵に向かってけば復帰できるだろ、と。本当はもうちょっと、機体名もチーム名もエンブレムも出力も練りこむつもりだったのですが、間に合わず残念。
またまた制限大会とは思えない参加人数ですが、主催者様よろしくお願いします。



先日行われた叩き台大会ですが、オーナーの皆様の善意でコメントをつけていただけました。やはりコメントのあるなしではモチベーションがまるで違いますね。
自分のコメントは浸透襲撃さんが書いて下さいました、ありがとうございます。

ニムロド 帰ってきたファランクス 1F-7
[特徴]
オーナーの代表的機体のEXA版。ジェイラー純正チームです。
EXAになってスプーがなくなったからてっきり非加速だと思ったが。。。
まさかの全力高機動型。
但しスプーではなく、遠距離格闘のみで高機動力を実現している。
とはいえかるぽのスプー程の機動力ではないため、また燃料の問題もあるため、高機動モードは70M以内としているようだ。
EXAでも結局地雷が盾を透過する仕様は変わらずらだが。。。
その代わり地雷も機雷も消せて積載量が二倍、かつ軽いという超兵器ソニックブラスターを装備。
これはおそらくジェイラーの標準装備になるだろう。

[コメント]
36チップであることを考えると改善点はほぼない。
基本的な動きとしては十分。
なによりEXAでもかるぽの時のような高機動ジェイラーが作れるということ証明した意義は大きいと思う。

一つだけあげるとすると、下段格闘の使い方。
遠距離につなげるのが早すぎるのか、それとも単純に下段格闘の判定が弱いためか(おそらく前者ではないかと思うが)かなり命中率が低い。
このせいで格闘戦の攻撃力が大幅に落ちているのでここは調整が必要だと思う。
個人的には、ここは普通に遠距離格闘か上段格闘にした方が良いと思います。


下段格闘ですが、これがかなり悩ましいのです。下段格闘はあの構成で4fで出切って5f目以降は足を戻す動作になるので、そこは問題ないかと。(体力が落ちたりで速度が落ちていた可能性もありますが)
これを遠距離格闘のみにすると驚きの弱判定により密着してるのにまったくヒットしない、上段格闘にするとこちらの記事に書いたように正面への判定が激弱でヒットしないのです。下段格闘も判定が強いわけではありませんが、「一番マシ」なのが下段で使っている次第です。
浸透さんのジェイラーも早く見たいところ。楽しみにしてますよ。


話は変わりますが、なんか最近「ファランクス」が流行ってないでしょうか。叩き台大会で決勝に我がファランクスが!?と思ったら猫さんのケイローンだったし、省チップCPU大会のエントリリストにファランクスが!?と思ったらHAYATOさんのゲイザーだったし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック