さて今夜のノラ大会用の機体を・・・・・・・?

どこをどう勘違いしたら25日が28日になるんだよッ!クソッ!クソッ!
あとよォーッ根ほり葉h(ry


コスト戦記事では格闘機はそれを補助する機体と組み合わせてナンボ、みたいな事を言っていましたが、事実はそうだと思いますがカルネージハートの楽しみ方はそうじゃないだろと。ロマン優先だろうと。
ということで、目標を無制限大会に変更し「対空も出来るノラ単騎編成チーム」を目指し作成。

コスト戦には副武装ソニソニの生き残りを主眼に置いたノラを出しましたが、単機でそれをやると飛行全体に最高で引き分けになってしまうので、今回は落とすことを目標にハードを設定しました。

ノラで対空をするに当たり、有効な武装はムラマサでしょう。というかそれ以外では厳しい。また地雷が怖いので、まとめて地雷を処理する係りとして一枠アースクエイク持ちを入れたい。よってハード的にはスタナームラムラ*2とスタナームラ地震*1という構成にしました。OPは共に妨加加で、ミサイル数は8+8+4の20発。

飛行に予想されるミサイル対策としては、ECM、デコイ、ソニックの3つ。さらに修復分のダメージを突き破る必要があります。ソニソニデコイ木琴やソニソニECMイカ等、ミサイル対策に全力を傾けている機体は諦めるとして、ソニECMイカくらいは落とせると思っています。
ソニックは今回大幅な強化が為され、多くの機体が積むと思われますが、弱点もあります。それはECMと違い効果時間が短いこと。飛翔物判定は対象までの距離ではなくXY距離で判定されるため、飛行は真下で発射されたミサイルに反応してソニックを発射せざるを得ません。また範囲内にミサイルがある限りはソニックを撃とうとするでしょうから、飛行の真下に陣取り方向指定発射で水平に撃つなりして着弾を遅れさせれば、高高度の飛行に一発のミサイルに対して2発のソニックを撃たさせることが出来ます。
つまりソニECMイカなら(12/2)+5=11発で無効兵器を消費させ、9発を攻撃に回せます。それだけあれば修復も突破して落とせるだろう、という算段です。

ここでノラを試作し、飛行とスパー。ソニック理論は概ね成功でしたが、真下に陣取るのに時間がかかり120秒逃げ切られる事が殆どでした。真下に陣取るためにスピードの出るジャンプを多様すると隙も増え、体力を66.6%以上保つのが難しい。というかミサイル飛行相手だと高速飛翔体をジャンプで避けていると着地にミサイルを合わせられてECMひとつじゃ無理。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっぱり混成じゃないと無理かな・・・・



ソニック理論は正しいようでしたので、飛行の真下が取れてミサイルの積める機体を作るときに使おうと思います。もっと違う方向性で行かないとノラの明日は無さそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック